ふく刺し
○下関漁港の紹介 ●下関漁港の沿革明治末期から大正初期にかけて近代漁法がはじまり,トロール漁業,汽船底びき網漁業等が発達するにつれ、次第に遠洋・沖合への出漁が活発となりました。しかし、当時の漁港は小瀬戸で急流のため漁船の接岸も困難で、遠洋漁業基地としての機能を満たすものではありませんでした。一方、国において本州と九州を鉄道トンネルで結ぶことが計画され、小瀬戸が埋め立てられることとなりました。こうした中で、昭和3年に年間水揚げ量10万トンの処理ができる漁港修築工事が計画され、昭和7年に着工、昭和12年に小瀬戸の締め切りに成功し、昭和17年には水深5.5m、岸壁1,500m、用地20万平方メートルを有する東洋一の近代漁港がほぼ完成しました。以後、漁港関連施設の整備が進み、昭和35年に特定第3種漁港として国の指定を受け、水揚げ量も次第に増加し、ついに、昭和41年に水揚げ量約28万5千トンを記録し全国一となりました。また水産加工業は下関市の重要な産業となっているが、概して中小企業が多く、市内に分散していたため、昭和43年度から南風泊分港の漁港増設と加工場団地造成に着手した。泊地を浚渫し、水深4.0m、岸壁480m、用地11万5千平方メートルを埋立整備し、昭和45年に完成しました。
下関漁港(本港)所在地:山口県下関市大和町一丁目16番1号
南風泊分港所在地:彦島西山町四丁目11番39号


フグ、アンコウ、ムツ、カワハギ



沖合底びき網漁業、ふぐ延縄漁業



ふく(下関ではふぐと濁らない),うに,くじら



クリックで当市のホームページへジャンプします
 


2月11日 ふくの日まつり(南風泊市場)
4月初旬の日曜日 維新・海峡ウォーク (東行庵〜下関駅)
4月29日 ふく供養祭(南風泊市場)
5月3日 しものせき海峡まつり(関門海峡沿岸ほか)
8月7日〜13日 数方庭祭(すほうていさい)(忌宮神社)
8月13日 関門海峡花火大会(関門海峡一帯)
8月下旬の土・日曜日 しものせき馬関まつり(市内一円)
10月20日 うに供養祭(赤間神宮)
11月23日 下関さかな祭(下関漁港)